スマートフォンユーザーに向けてのコンテンツは、レスポンシブデザインが推奨されていますが、
後付けでスマートフォンサイトを増設するのが主な流れである昨今、
ページ数やCSSの記述が多いサイトほどレスポンシブデザインへの移行は困難です。

そのようにそれぞれが別のURLで存在する場合は「alternate」の記述で設定しましょう。

ここでは、PCサイト、スマホサイト、フィーチャーフォンそれぞれに別々のURLを割り当てる場合を説明します。
続きを読む