横浜のホームページ制作会社 株式会社ウィル |新規顧客をとりこむために|

ソリューション
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

既存顧客とは違うユーザー層を取り込みたい

獲得ユーザーを的確にターゲティングし、
戦略的に成果を生み出すホームページを制作することで新たなユーザー層を獲得

これまでの既存顧客とは違ったユーザーを獲得するためには、どういった戦略が効果的であるかを検証し、
あらゆる観点から再度ホームページを見直す必要があります。

新たなユーザー層を取り込みたいクライアント様のお悩み
新たなユーザー層の獲得方法を模索中…効果的に新規顧客に訴求したい
新たな顧客を増やし、売上をアップさせたい

このようなお悩みをお抱えのお客様へ、ウィルでは、既存顧客数を維持しながらも新規顧客獲得のためのweb戦略をご提案させていただきます。

新たなユーザー層への的確な訴求方法をご提案

これまでの既存顧客ではない新しい顧客層への効果的な訴求方法が何であるかを検討します。
クライアント様が開拓したい顧客層を明確にし、これまでの既存顧客とは異なった手法で訴求しなければなりません。

まずは、既存顧客がどのようにサイトを閲覧してコンバージョンまで辿り着くのか、といった行動パターンを分析します。
その際に必要不可欠なのが、アクセス解析です。
アクセス解析にはユーザーの様々な情報が盛り込まれており、新たな顧客層を獲得するためのツールとして大変重要になります。
特に、検索したキーワードを分析することにより、新たなユーザー層が欲している情報が一体何なのかが浮かび上がってきます。

次に重要なのは、その新たな顧客層が欲している情報が、現ホームページの中に存在しているか。
または、ランディングページにその情報が存在しているか、を見直し、改善していく必要性があります。
キーワードに合致していないページが、ランディングページである場合、新たな顧客を逃してしまう可能性があります。
新たな顧客層を取り込む上で、キーワードとランディングページの関係性は大変に重要であり、コンバージョンへ繋がるかどうかの分かれ道になります。

潜在顧客に訴求

捕らえた顧客を離さないweb戦略

新たな顧客が固定顧客になるまでには、相当の時間と努力が必要だといわれています。
既存顧客を維持しつつ、新たなユーザー層へ常に新鮮で面白みのある情報や商品を提供していく事が、新たな顧客を獲得してからの課題となります。

ウィルでは、こうした問題を抱えるクライアント様ほど、 ホームページを公開してからの運営や管理・更新の重要性をご理解いただきたいと考えております。
クライアント様にはクライアント様の業務があり、担当者様がおいでであっても、我々専門家ではなければわからない・できない管理や更新があります。
web業界のトレンドやユーザー動向などを、クライアント様に代わり調査し、ホームページを定期的に見直す事がweb戦略では重要ポイントであるため、 思いつきでの更新では意味がありません。

常に新鮮で飽きさせない、そんなホームページはユーザーの心をつかんで離さないことでしょう。
「長期的にお客様とお付き合いをさせていただきたい」---どんな業種の企業様でも、この思いは同じだと弊社は考えます。

新規顧客を逃がさないサイト作り

045-663-8960 お問合せ