横浜のホームページ制作会社 株式会社ウィル |ユーザーニーズに沿ったコンテンツ|

ソリューション
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ユーザーニーズに沿った特化型コンテンツを立ち上げたい

1つのWebサイトに集約された情報を特化型コンテンツとして、独立させ最大限にアピール

1つのwebサイトではターゲットユーザーへ訴求しきれない場合もあります。
せっかく訪問した潜在顧客や見込み顧客を、そのターゲットに合わせた特化したサイトへ促す事でコンバージョンに繋がるとウィルは考えます。

ブランディング戦略が生かされてますか?
情報を詰め込みすぎの、戦略無視のホームページになっている
ユーザーニーズを考えていない、商品やサービスの情報ばがりが目に付く
使い勝手が悪いホームページなので、コンバージョンへ繋がらない

ウィルでは、このようにユーザーニーズを把握しきれておらず、膨大な情報量でホームページが乱雑になりがちなwebサイトを検証・分析し、 効率よくユーザーニーズに特化したwebサイトを立ち上げる事をご提案させていただきます。

新規コンテンツ制作は、戦略的により多くのニーズへ訴求

ユーザーの欲している情報が、webサイトのどこにあるのか。
せっかくの上質なサービスや商品を提供していたとしても、ユーザーがその目的ページまで辿り着かなければ、 ホームページの役目を果たしたとはいえません。

ユーザーが目的ページへ辿り着けない要因は様々。
サイト自体の導線がコンバージョンへ繋がるような設計ではなかったり、露出させたいコンテンツが大量にあるせいで、 サイト内が複雑化してしまったり…。

同業他社との差別化や、ユーザーニーズに合った情報の訴求を確実なものにするため、 集約されたサイトをニーズ別に特化したサイトとして独立させることをご提案いたします。

ユーザーニーズを元に導線設計

ユーザーニーズに適したデザインで同業他社と差別化を図る

ターゲットユーザーの興味を引く

ユーザー各々のニーズには必ず、その特徴があります。
コンテンツをただ単にわけるだけでは戦略的に乏しい結果になってしまいます。
ニーズに合ったデザインで、ユーザーの興味を惹きつけることにより、コンバージョンへ繋げることが期待できます。

コンテンツの数だけ様々な対策が必要! マーケティングに基づいた確実な対策を

コンテンツ別にマーケティングの結果が違う事は想像が出来る範囲であるかと思いますが、ユーザーニーズを把握し分析することにより、 さらなる効果的な対策も可能になります。
効果測定を行うと、様々な問題点や成果が必ず見えてきます。
例えば、ユーザーの検索したキーワードと実際に売れた商品は違った、オフィシャルサイトからのランディングページは適切であるか、 問合わせフォームでの離脱が多かった、ではそれらの要因は何であったか?
このように、アクセス解析をもとにデータを検証・分析し、ユーザーニーズとコンテンツがマッチしているかを、定期的に確認する事が、 独立コンテンツを生かす最大の対策だと、ウィルは考えます。

このように、定期的な見直しをすることにより、顧客の満足度を向上させることができるwebブランディング戦略で、長期的なコンバージョンへ繋げます。

原因を解明してサイトを改善

成果実績
045-663-8960 お問合せ