横浜のホームページ制作会社 株式会社ウィル |W3C準拠したサイト制作|

サービス
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

W3Cチェック

W3C準拠したサイト制作は、SEO対策やアクセシビリティに効果的

W3C準拠する制作のメリットは、データの軽量化や、検索エンジンに好まれるといった事があげられます。
これは、SEO対策上大変に有効とされますし、アクセシビリティの向上も図れます。
また、W3Cに準拠することにより、制作側の更新作業が容易になり、更新頻度アップにも繋がります。

W3C準拠であることのメリット


SEO対策において効果的

W3c

W3C準拠で制作することで、検索エンジンが読み込む部分が読みやすい作り方になるため、SEO対策に大変効果的であります。
現在、W3C準拠で制作することがSEO対策の必須事項となっています。


アクセシビティを高める事 = SEO効果アップ

W3C準拠で制作したホームページは、アクセシビリティが高くなります。
SEO対策に必要とされるシンプルな記述は、無駄な記述のないW3C準拠に通ずる箇所が多く、SEO対策効果が期待できます。

また、今日においてはモバイルサイト等のPC以外の端末での環境も重要視され始めています。
こうした流れを踏まえ、ウィルでは、各キャリアに対応したW3Cチェックを行い、制作致します。


ファイルサイズを軽量化するメリット

tableタグを使用した場合、ファイルサイズが大きいため表示に時間を要しますが、
W3C準拠で制作されたサイトのソースは、XHTML+CSSで構成されているためファイルサイズが軽量化されます。
検索エンジンはHTMLファイルを最後まで読み込まない場合があるため、
ファイルサイズの軽いW3C準拠のサイトはSEO対策上有効とされています。


更新頻度が高いサイトはSEO対策に有効

W3C準拠で制作されたサイトのソースは、ブロック単位で構成されているため、作業箇所が明確であり、
ホームページの更新作業が容易にできるといったメリットがあります。
更新頻度が高いサイトは、SEO対策上非常に有効とされ、またSEO対策に有効なW3C準拠で制作したサイトであれば、
検索エンジンの上位に表示される確立が高くなります。

W3C準拠のメリット

045-663-8960 お問合せ