横浜のホームページ制作会社 株式会社ウィル |LPO|

サービス
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

LPO(Landing Page Optimization)

潜在的なニーズは、キーワードに隠されている。
ウィルがこれまで培った独自の調査・分析で、ランディングページを最適化。

LPOとは、“ランディングページ最適化”の事で、
検索エンジンでの検索から、また、リスティング広告からWEBサイトへアクセスした見込み顧客が、
いかにコンバージョンへ結びつくかために、ランディングページを整えたり、改良することです。

ウィルではこれまで培った経験を元に、ユーザーの目に留まるナビゲーションやレイアウト、
ページ構成、描写方法等のバランスを考慮し、ユーザビリティに配慮したLPO(ランディングページ最適化)を行います。

ウィルが考えるLPOのポイント
コンバージョン率アップには、しっかりとユーザーニーズに対応したランディングページの制作
離脱率を低下させることにより、CPA(顧客獲得単価)を抑制できる
見込み顧客離脱を解消するLPO対策
ユーザーのニーズごとに着地ページを設定。欲しい情報が発信できるLPO対策

LPOの基本は、ユーザーが求める情報をホームページで見つけさせてあげること。

様々な広告やSEO・SEM対策を施しアクセス数が増加したとしても、決してコンバージョンが増えるとは限りません。
ユーザーは、欲しい情報がクリックしたページ(ランディングページ)に見つける事が出来なければ、
ホームページから立ち去り、結果、コンバージョンへは繋がりません。

WEBサイトを訪れるユーザー(見込み顧客や潜在顧客)は、明確な目的意識で検索し来訪しますので、
ランディングページは確実に見込み顧客・潜在顧客のニーズに合致しているページでなくてはなりません。

LPO(Landing Page Optimization)

また、広告費をかけ集客するリスティング広告(SEM)では、確実にLPOでコンバージョンへつなげる事が、コスト削減になります。

ウィルでは単なるLPO対策だけでなく、EFOや導線設計等をトータルで施すことでコンバージョンへ繋げるホームページ制作をご提供いたいます。


コンバージョン率アップには、しっかりとユーザーニーズに対応したランディングページの制作

見込み顧客を取り逃がす大きな原因は、ユーザーが求める情報がホームページ上に提供されていないことです。
一度「このサイトには欲しい情報がない」と判断されてしまうと、そのユーザーの再訪は見込めません。

ユーザーが欲している情報を提供するためには、訪問してくるユーザー像を絞り込む必要があります。

どのようなユーザーなのかを分析し、アクセスログ解析を検証。
検索キーワードを基にユーザーの分析を行い、ホームページを制作することによって、LPOの精度が向上します。

ウィルでは、ユーザー分析・アクセスログ解析の検証を行いユーザーニーズを把握し、
ニーズに適合したランディングページの制作をいたします。

また、トータルでのLPO対策として、ランディングページからの導線設計を整えることによりユーザーの購買意欲上昇、
コンバージョン率アップを狙います。


離脱率を低下させることにより、CPA(顧客獲得単価)を抑制できる

一般的に、WEBサイトを訪問したユーザーの約5割は、他のページを閲覧せず直帰すると言われています。

LPOを行う事で、ユーザーが欲しい情報に対し的確なランディングページへ誘導することができれば、
直帰率・離脱率の軽減に繋げることができます。

リスティング広告やSEO対策などに費用をかけ、アクセス数をアップさせることでコンバージョン数は向上しますが、
それだけでは費用対効果(ROI)は改善されません。

LPOによって、ユーザーニーズを満たすことの出来るランディングページを作成し、
そのユーザーを離脱させない興味をひくコンテンツへ誘導することにより顧客獲得単価(CPA)の軽減になります。

ROIのアップ・CAPの軽減


見込み顧客離脱を解消するLPO対策

離脱率の改善には、まず直帰率を低下させる事と、ユーザーのサイト回遊度を高めることです。

導線設計がきちんと成されているWEBサイトは、ユーザーが情報をもっと知りたいと思い、
サイトを回遊し始めます。
回遊するユーザーには二通りあり、一つは前記で述べた通り「もっと知りたい」と思うユーザーであり、
もう一つは「知りたい情報が見つからない」とストレスを感じながらサイト内を迷い回遊してしまうユーザーです。
後者はいずれ情報を探すことを諦め、他のWEBサイトで探そう、と結論をだし離脱します。
WEBサイトの導線設計は、このようなユーザーを離脱させずにサイトを回遊させる、LPOと併用して施す重要な対策です。

また、欲しい情報へいち早くユーザーを辿り着かせるためサイト内検索を設置したり、
ユーザーの現在の居場所を明確にするためのパンくずなどをトータルで施し、ユーザビリティを向上させることが重要です。


ユーザーのニーズごとに着地ページを設定。欲しい情報が発信できるLPO対策

ユーザーにはそれぞれニーズがあり、そのニーズやどんなユーザーであるかを検証・分析し、
ユーザーニーズに適合した情報をホームページで提供することで、ホームページの価値や効果がアップします。

どんなユーザーであるかは、アクセスログ解析を分析した検索キーワードをもとに、
ユーザー分析を併用することにより、その精度は高くなります。

また、ユーザーが同業他社のWEBサイトを閲覧していることも十分に考えられるため、
他社のホームページを検証・分析することも、ユーザー像を把握するうえでは欠かせません。

ユーザーのニーズ毎にランディングページを構築

045-663-8960 お問合せ