横浜のホームページ制作会社 株式会社ウィル |アクセス解析|

サービス
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

アクセスログ解析

売上アップには、ホームページの効果測定が必要不可欠

ウィルが提供するアクセス解析のメリット
解析を分析することにより費用対効果がアップ
お問合わせ等のコンバージョン率アップのご提案
離脱率を減らし、目的までユーザーを誘導する導線設計

問題点を改善し、ホームページビジネスへの成功を実現

「アクセス数は増えているのに問合わせが増えない」というご相談をよくいただきます。
SEO(SEM)対策でそれなりの費用をかけているのも関わらず、このようなお悩みを抱えている方は意外と多いかと思われます。

この場合のほとんどは、ホームページの導線設計やそもそもの構成に問題があることが多く、また、 アクセス解析は付いているもののほとんど活用していない(できていない)事が考えられます。
アクセス解析には、成功するホームページへと導くヒントがたくさん詰まっています。

  • ユーザーがどのようなキーワードで検索してここにたどり着いたのか
  • トップページでの離脱率はどのくらいなのか
  • トップページの次はどのページが多く見られているのか
  • 逆にどのページでユーザーは離脱するのか…など、

このように、ユーザーの行動パターンを分析することで、ホームページの問題点・改善点がみえてくるのです。
ただ単純にアクセス数をカウントするツールだけにしておきのは非常にもったいないことです。

アクセスログ


必ずある! ユーザーの行動パターン!

ユーザーの行動パターン。
これをアクセス解析で分析することによって、どんなコンテンツや情報に興味があるのかを知る事が重要です。
最終着地点は、ユーザーからの問合わせ数を上げること。
ユーザーが問合わせフォームまでたどり着けない場合、一言で「問合わせをしていない」と言っても、 ユーザーが「問合わせをしていない」理由は様々です。

例えば、

  • そもそもトップページで離脱してしまっているパターン
  • どこから問合わせをしたらいいのかわからなく、ユーザーが迷子になるパターン
  • 問合わせフォームが複雑で途中で入力が面倒になってやめてしまうパターン

等、、、理由は様々です。

パターンの検証が出来たら、次はそれを改善するために、サイト内を再構築します。
このユーザーの行動パターンは、常に同じだとは限りません。
業種や季節、時間によっても変化しますので、アクセス解析のチェックはこまめに行う事が重要です。

ログ

045-663-8960 お問合せ